スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

Paper X Paper

中林ういさんの「wappen」という本が発売された
昨年の頃のこと。
上京したときに偶然立ち寄ったデパートで、
本の出版記念か何かで展示されている作品を
実際に間近で見ることができて、
そのセンスの良さに魅入ってしまいまいした。

刺しゅう以外にもいろいろな作品を手がけられていて、
どれも素敵。
ちょっとユーモアのあるテイストが入っていたり、
味のあるイラストやセンスも抜群です。

そんな ういさんの本を、図書館で見かけ借りてみました。
「uiの紙工作 Paper X Paper」(文化出版局)
Paper×Paper―uiの紙工作Paper×Paper―uiの紙工作
(2005/07)
中林 うい

商品詳細を見る

タイトルからもわかるように、紙を使った作品集です。

センスがある人が紙工作をすると、
こんなにもアートになるのかと驚きです。

そして作品の写真だけの本なのかと思いきや、
読んだ人も真似して作れるよう、型紙や作り方が
掲載されています。これは嬉しい。

さっそく私も…と思いましたが、今は刺しゅう修行(?)の身。
それではこの本に載っている素敵なイラストを
刺しゅうしてみようかと試みました。

作り方ページは本の中央に、写真のページと紙質を変えて
綴じられているのですが、そのページの片隅に、
ぱらぱらマンガでうさぎが描かれています。
この心にくいワンポイントのイラストが、とってもかわいい。

ということで…ずらっと並べてみました。
P1010379.jpg

ぴょんぴょんっと来て…
P1010380.jpg

ぴょんっと穴に入っちゃいます。

P1010381.jpg

ぱらぱらの最後のオチは、

なんでこんな配置に刺したかというと、刺し終わった布は
ブックカバーにでもしようかな~と思ったため。
本につけると、外からはウサギしか見えなくって、
でも開いた見返しのところに、ピースがくる…はず。
そんな出来上がりを想像してのことです。
P1010383.jpg

全体像はこんな感じ。

でも今は刺しゅうしたいものが列をなして待っている(?)
ような感じなので、仕立てするのはだいぶ先になりそうです。
想像通りに完成するかどうかは微妙ですが…

それにしても、刺しゅうの図案じゃなかったとはいえ、
気にいったイラストを刺しゅうできて満足。
こういう楽しみ方もあるんだ~という新鮮な感じで、
本を探すときの幅も広がりそうです。




スポンサーサイト
.30 2011
刺しゅう comment(0) trackback(0)
 HOME 

プロフィール

ゆみへい

Author:ゆみへい
2008年秋、おっとの転勤で見ず知らずの土地にやってきました。
ひとりでできる趣味を…と始めた刺しゅうに、はまっています。

ことりグッズは、見かけるとどうも「おうちに連れて帰って」と見つめられているような気がして…気がつけば家の中は、ことりなものだらけ。
-------------
2011年3月、被災してから家に帰れない日々。東京に戻って生活再建中。

いらっしゃいませ

とけい

最新コメント

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。