スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

こぎんも

「こぎん刺し」については、フェリシモで初めて知ったのですが、
カタログで見てひとめぼれしてしまいました。
私には、幾何学模様に惹かれるDNAがあるのかもしれません
もともと飽きっぽい性格なのか、
フェリシモで毎月同じコレクションの注文を続け、
完結させたことなんてなかったのですが、
こぎん刺しの「ポーチの会」だけはいつもと違い、
半年間注文を続け、6回分のキット全てを揃えてしまいました。

それでも最初から順調だったわけではなくて、
最初届いた「ミニバック」で、いきなりの挫折。
図案見てるのに上手にできないっていう壁に、ぶつかりました。
またか!?って感じです。

でも、そのうまくできないバックは置いといて、
別の新しいキットに取りかかることに。

ひとつ完了していないのに、新たに同じ手法のキットを始めるのって
また無駄になっちゃうんじゃないかとか、できないんじゃないかとか、
かなり後ろめたい気持ちだったのですが…

こんどは、できた
100317_170716.jpg


私は花粉症なので、ポケットティッシュは必需品。
いつもバッグの中に入っています。
このティッシュケースはもう1年以上持ち歩いて、酷使してますが、
全然へこたれない。
もともと布地の「補強」の意味もあるというこぎん刺しだからでしょうか。

このティッシュケースができたことが自信となって、
他のキットも全部取りかかりました。
(完成したものもあり、途中のものもあり、ですが…)

糸をぷっくりとした感じで刺すのが、なかなか難しいのですが、
だいぶ慣れたので、さくさく進められるようになりました。
繰り返しの図案も多いので、無心になりたいとき、
テレビを見ながら、外出先で…等々、ちくちく刺してます。


それにしても、最初挫折した「ミニバック」のキットについて、
なんでできなかったのか私なりに考えたのですが…

この「ミニバック」、アイボリーの生地に白いこぎん糸で刺すのですが、
初めてこぎん刺しをする人にとって、これは見にくくて、難しい!
目数を間違えてしまうことも、しょっちゅうでした。
そして、刺す面積が広くて、なかなか終わらない!
初心者なのだから、少しの図案で、完成して、っていうことにならないと
気が遠くなってしまうのではないかと思います。

フェリシモって「コレクションの中からプランナーが厳選してお届け」
というシステムですが、この「ミニバック」を一番に送るのって、
いかがなものかな~というのが、全部やってみた私の個人的な感想です。

このコレクションをこれから始める方がいましたら、
ミニバックは最後の方にとっておく、
こぎん刺しに慣れてから始めるのがいいんじゃないかなって思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ




スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://birdstitch.blog3.fc2.com/tb.php/10-c8327772

プロフィール

ゆみへい

Author:ゆみへい
2008年秋、おっとの転勤で見ず知らずの土地にやってきました。
ひとりでできる趣味を…と始めた刺しゅうに、はまっています。

ことりグッズは、見かけるとどうも「おうちに連れて帰って」と見つめられているような気がして…気がつけば家の中は、ことりなものだらけ。
-------------
2011年3月、被災してから家に帰れない日々。東京に戻って生活再建中。

いらっしゃいませ

とけい

最新コメント

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。