スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

Home Memories 刺しゅうのはなし

昨日UPした刺しゅうキットについて、
刺しゅうの面からの話です。


こちらがパッケージについていた完成図。
昨日の私の出来栄えとかなり違うの、わかりますか?
今回のキット、実は割と大きな作品で35cm X 43cm。
輸入キットを刺すのは初めてだったのですが、
附属の布が14カウントのアイーダなので、升目も大きく
刺しやすかったです。
楽天市場のクロスステッチ館さんで購入しました。

鳥や英文のメインとなる部分はクロスステッチですが、
その他背景などはハーフステッチ。
ひと手前少ないとは言え、刺す面が広いので
時間がかかってしまいました。

確かショップでは「カントリー」という部類になっていましたが、
水彩画のようなタッチで、古ぼけたアンティークの趣きもあります。

さて、前述の見本との違いですが、私の刺した方は
いろいろと省略してしまっているところがあります。

まずは、上下にあるグルグルとした、バカボンのほっぺのような模様。
あまりこの良さがわからず…省略!

次に同じく上下にあるJardin、Fleuristeという仏単語。
こちらの書体も気にいらず…省略!

気にいらない理由の一番としては、クロスステッチ上での
バックステッチがあまり好きではないということからだと思います。
このキットも、バックステッチが多そうだから、
買おうかどうしようかと迷ったくらい。

図案にある蝶やトンボも、バックステッチで形作られてます。
なのでこれも無くてもいいかな~と思いましたが
(鳥じゃないと、とたんに邪魔扱い ^^;)
あんまり省略するのも…と刺すことに。
でも、ハーフステッチの段階では意味不明だった色替えが、
線で繋がると透けた感じが出て、昆虫の羽を思わせるものに。
バックステッチの効果を少し見直したのでした。

それでもやっぱり、ここにバックステッチはちょっと…と
省略したのが、鳥の部分です。

全体的に色のトーンが同じなので、輪郭はバックステッチで刺さないと
ぼやけてしまいますし、茶色の線はスケッチの鉛筆のようで
図案の雰囲気とも一致してるので必要だと思うのですが…
いただけないのが羽をなぞってる線。

せっかくクロスステッチで、繊細な色の濃淡を出して
羽の柔らかさを出しているというのに、それを消すかのように
無粋にも線でなぞるなんてっ(何を怒ってるんだか)。
20110507132034.jpg20110507132031.jpg
バックステッチなし、と、あり。
どちらがいいということではなく、あくまでも
お好みにもよるものというだけの話。

ただ、あまりにも省略し過ぎて、
こちらの図案を考えたデザイナーさん、ゴメンなさいm( _ _)m

スポンサーサイト
.07 2011
刺しゅう comment(0) trackback(0)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://birdstitch.blog3.fc2.com/tb.php/113-d0d8fe12

プロフィール

ゆみへい

Author:ゆみへい
2008年秋、おっとの転勤で見ず知らずの土地にやってきました。
ひとりでできる趣味を…と始めた刺しゅうに、はまっています。

ことりグッズは、見かけるとどうも「おうちに連れて帰って」と見つめられているような気がして…気がつけば家の中は、ことりなものだらけ。
-------------
2011年3月、被災してから家に帰れない日々。東京に戻って生活再建中。

いらっしゃいませ

とけい

最新コメント

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。