スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

悩ましい柄

ここ1~2週間、集中して刺してたものが、こちら。
20110701165614.jpg
約20 X 30cm と割と広い面積だったので大変でしたが、
びっしり模様で埋まると、織り物のようです。
使った図案は、フェリシモのキットのもの。
先日、セール品を買ったという話を書きましたが、
そのうちの一つです。

キットとしてはまだ刺していないのに、
先にこうして使ってしまいました。


今回は、まず作りたい袋物があって、
そのために使う布として、こぎん刺しをしたという、
私には珍しい、用途先行型(?)です。

袋の使い道の都合上、落ち着いた色味にしたくって
色も紺と紫という地味なものになっていますが、
キットでは淡い黄色と全然違っています。

それもそのはず、キットにつけられた名前が
「菜の花」なのです。
黄色で刺せば、なるほどね~という柄なのですけど、
この色で刺すと、まさか菜の花とはね~という感じです。

むしろ刺してる途中は、亀みたいな柄だ…
と思っていました。
そう言われてもう一度上の写真を見てみると
亀にしか見えない…でしょう!?

私は幾何学模様が好きだと思っていましたが、
こういう丸みを帯びた柄よりも、どちらかというと、
雪の結晶の柄でよくあるような、角ばった柄の方が好き
ということに、ようやく気づきました。
今までいろいろ刺してきて、自分の趣向に今更ながらの発見。

しかもこの柄のパターンが、くせもので…。
通常、図柄の繰り返しに規則性があって、
もちろん今回も大部分はそうだったのですけど、
一部、場所によって微妙に変化している箇所がありました。

文章だけではうまく説明できないのですが、
同じ柄なのに段によって、それもちょっとだけ
配置が違うっていうことが、とんでもなくトリッキーで。
何度その罠にはまって、ほどき直したことか。

こんな状態で刺してる途中に一旦片付けてしまうと、
次に始めるときに、自分が今一体どこを刺しているのか
探すのにも一苦労です。
一応目印をつけておくのですけど、一見どこも同じなので
毎回さまようところからスタートです。

そんなこんなで、刺してる間中、
なんだか気に入らない感じだったのですが、
終わってみればいつも通り。
柄の数に圧倒されて、よしよし、と満足してしまいます。

これだけ相性の悪い柄を、キットでもう一度刺さなくちゃ
という宿題が残っているのは気がかりですが…

さてこれで、どんな袋物を作ろうとしているのかは、
長くなりそうなのでまた次回m(_ _)m














スポンサーサイト
.02 2011
刺しゅう comment(0) trackback(0)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://birdstitch.blog3.fc2.com/tb.php/129-9d4c4e09

プロフィール

ゆみへい

Author:ゆみへい
2008年秋、おっとの転勤で見ず知らずの土地にやってきました。
ひとりでできる趣味を…と始めた刺しゅうに、はまっています。

ことりグッズは、見かけるとどうも「おうちに連れて帰って」と見つめられているような気がして…気がつけば家の中は、ことりなものだらけ。
-------------
2011年3月、被災してから家に帰れない日々。東京に戻って生活再建中。

いらっしゃいませ

とけい

最新コメント

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。