スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

スタンプワークで…ミスド!?

図書館で、アトリエFilさんの
「スタンプワークでパリのお菓子」
を借りてみました。

パステルカラーのマカロンの表紙が印象的ですが、
中身もセンスのよい本でした。

スイーツは私の好きなモチーフのひとつですが、
幼稚過ぎないリアルさがあって、尚且つおしゃれで可愛い物となると
なかなか出会えません。
でも、この本はそういった要件を満たしている図案が多かったです。

そこで、この本に載っていたドーナツの図案を真似てみると…
P1010294.jpg
本に漂っていたおしゃれなパリの香りはどこへやら。
慣れ親しんだ、ミスタードーナツになってしまいました。
本では刺しゅう糸6本どりのまま使用する指示だったのですが、
うまくできなかったので、糸の本数を減らして刺してみました。
それで目も細かくなってしまった結果か、目の汚さも目立つことに。

作り方を見ても、糸の継ぎ足し方や色の変え方がいまひとつわからず、
適当につないでいたら、今どこを指しているのかすぐに見失ってしまいます。
こうして段がずれたり目数が合わなかったりしたからなのでしょう、
写真UPするのも恥ずかしいくらい、ボコボコになってしまいました。

(あ、でもホンモノのミスドのチョコファッションの生地も、
こんな感じのデコボコ感じゃない~?チョコファッション的にはあり?
…などと言い訳してみたりして。)

キッチリが苦手な私には、スタンプワークって向いていない
手法なのかもしれませんが、今まで刺してきたステッチよりも
リアルに表現できるというのはとても魅力的です。
もう一度チャレンジして、今度こそ丁寧に刺してみようかなとも思っています。

刺しゅうしたドーナツには、中に詰める羊毛フェルトがなかったので、
家にあったキルティング綿で立体的にして、一応完成。

このあと、これを何かに仕立てるかはまだ未定です。
これまで練習したステッチで作ってきたコースターには、
ぷっくりしすぎて不向きですね。
出来栄えがいまひとつなので、練習用としてこのままかな~

ちなみに練習用としては、本の中で手順が細かく示されている
リンゴのモチーフも刺しています。
20110725193209.jpg
一行程ずつ写真が載っているのに、なんで同じくならないんだろう…

こちらもリンゴはぷっくりして、葉っぱは布から浮き上がっているという
立体感のあるモチーフですが、サイズが小さいのでコースターにしました。
グラスやコップが乗らない端の方に、ワンポイントとして。

スポンサーサイト
.05 2011
刺しゅう comment(0) trackback(0)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://birdstitch.blog3.fc2.com/tb.php/138-af2316df

プロフィール

ゆみへい

Author:ゆみへい
2008年秋、おっとの転勤で見ず知らずの土地にやってきました。
ひとりでできる趣味を…と始めた刺しゅうに、はまっています。

ことりグッズは、見かけるとどうも「おうちに連れて帰って」と見つめられているような気がして…気がつけば家の中は、ことりなものだらけ。
-------------
2011年3月、被災してから家に帰れない日々。東京に戻って生活再建中。

いらっしゃいませ

とけい

最新コメント

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。