スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

続ハーダンガー刺しゅう

前回初めて挑戦したハーダンガー刺しゅうですが、
勢いのあるうちに第二弾に取り掛かりました。
このシリーズのキットは全部で6種類あるのですが、
半額セールで買ったのは、そのうちの2種類だけです。

今回初めてのステッチがあったものの、少し慣れたのか
割とスムーズに完成しました。
P1010301.jpg
ハーダンガー刺しゅうというと
白い糸というイメージがあったのですが、
フェリシモのキットはカラフルで
カタログで見た時から印象的でした。

今回もポーチになるキットで両面刺しのため、
同じ図案をもう一度刺します。
P1010302.jpg
(あ…UPした写真で、左側に刺し忘れ発見!後で刺します(^_^;))
あとはポーチに仕立てれば完成です。
でも今は他に刺したいものがあるので、
仕立ては後回しとなりそうです。

さて、こうしてハーダンガー刺しゅうの入口を
ちょっと覗いたというか、囓ってみたわけですが…
この先、自分で材料を揃えて刺し続けてみたいかというと、
う~ん…微妙。

本などで作品を見ると、繊細なレースのようなものもあったり
素敵なものも多く奥深いのですが、ここに手を広げるなら、
今までやってきたステッチの方に力を入れたいと思いました。
生地にハサミを入れるのに抵抗があるのかもしれません。
失敗したら、ほつれたら…と。
小心者だから。

何にしても、気になっていた物を少しでも試すことができて
満足です。
全くのゼロの状態からでも気軽に試せるのが
キットの醍醐味だな~と、つくづく感じたのでした。




スポンサーサイト
.22 2011
刺しゅう comment(0) trackback(0)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://birdstitch.blog3.fc2.com/tb.php/143-3a10f832

プロフィール

ゆみへい

Author:ゆみへい
2008年秋、おっとの転勤で見ず知らずの土地にやってきました。
ひとりでできる趣味を…と始めた刺しゅうに、はまっています。

ことりグッズは、見かけるとどうも「おうちに連れて帰って」と見つめられているような気がして…気がつけば家の中は、ことりなものだらけ。
-------------
2011年3月、被災してから家に帰れない日々。東京に戻って生活再建中。

いらっしゃいませ

とけい

最新コメント

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。