スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

スズメ

リスの刺しゅうができて(3/26ブログ)、ちょっと自信が持てた後、
イラストみたいな刺しゅうがしたい熱が高まっていた昨年夏、
練習がてらこんな刺しゅうをしてみました。

PICT0865.jpg

野鳥のなかで一番好きなスズメ
題材にするイラスト…と探したとき、カレンダーを買って気に入っていた
KAERU NINJAさん(ほのかえるさんというのが正しいのでしょうか??)の
イラストが目に留まりました。
カエルを描かれることが多いようなのですが、私の買ったカレンダーには
鳥も多く載っていましたし、
イラストの描き方も刺しゅうしやすいタッチかな…と思い、挑戦。

ちくちくちくと練習してみると…
なんだか(自己)満足できる結果に。
リスに続いての成功なので、すごくうれしかったです。

ところで。
話はリスを刺す前にさかのぼるのですが、刺しゅう糸が欲しくなり、
手芸店へ行きました。
少ないお金でなるべくたくさんの色を揃えるには…と、
刺しゅう糸売り場の前で悩み、ひと束に何色も入っている糸を発見。
「これだ!」
と思い、いくつか買いこんでみたのですが…家に帰ってびっくり。
1本につながっていて。
そう。初心者で刺しゅう事情に無知な私は、
グラデーションの糸(段染め糸)の存在を知らなかったのです。
束になってる状態で見た色が、1本ずつわかれて入っている
「○色セット」な糸なのだと思ってました。

よくよく思い返すと、それまで使っていた刺しゅう糸は母のお古だったので、
売り場にあるような「束」にはなっておらず、適当な長さに切った後のものでした。
なので「刺しゅう糸は束になっていて、切ってから使う」という大原則が
頭からすっかり抜けていたのですね~
今考えると、なんておバカなと思いますが。

で、その糸でクロスステッチを刺そうと思うと、難しい。
初心者にはグラデーションの糸を活かす刺し方ができなかったのです。
せっかく買ったのに使い道ないよ~と思っていたこの糸。

それが、リスとスズメを刺したときに、大活躍。

茶色のグラデーション、DMCの105番なのですが、
微妙な色の変化が、動物の毛並みを表現するのにぴったり。
濃いめの色のところが影の部分になるように、
明るめの色を光のあたる部分にということを気をつけさえすれば、
あとは適当に刺すだけでグラデーション効果で、本物っぽく見える!
なんて便利なんだ~105番!

これは早速買い足さねば!と思い、手芸店に行くと…ない。
この前まであったグラデーションがなくって。
廃番になったのでしょうか?

オリンパスの茶色のグラデーションがあったので、買ってみたのですが、
動物っぽい色と考えると、DMCの方が良さそうです。

その後、別のお店で見かけたので、数束まとめ買い。
(箱で買っても使い終える自信はないので、2,3束です。)
これをもし使い切ったときに、105番が売っていなかったら、
糸の効果に頼らず技術でカバーしなくちゃならないんだろうな~
その時までに、うまくなっているといいのだけど。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村 鳥ブログへ
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://birdstitch.blog3.fc2.com/tb.php/24-a92fdc7a

プロフィール

ゆみへい

Author:ゆみへい
2008年秋、おっとの転勤で見ず知らずの土地にやってきました。
ひとりでできる趣味を…と始めた刺しゅうに、はまっています。

ことりグッズは、見かけるとどうも「おうちに連れて帰って」と見つめられているような気がして…気がつけば家の中は、ことりなものだらけ。
-------------
2011年3月、被災してから家に帰れない日々。東京に戻って生活再建中。

いらっしゃいませ

とけい

最新コメント

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。