スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

色見本帳を作ってみる

昨日に引き続き、刺しゅう糸の整理の話です。

衣装ケースにびっしり詰めたものの、このままではどこにどんな色があるか
一目でわかりにくい。
こういうとき、色見本帳が必要なんだと実感しました。
が、買うとなると4~5千円して、少々お高い。
これは、作るしかないでしょう。
と思い、作ってみました。
100228_145151.jpg
袋に貼る色番号シールでお世話になったエクセル表を、
色見本の番号通りに並びかえ、色見本の列ごとに1ブロックとし、
今度は厚手の白い紙に印刷しました。

糸は1色ずつ20センチほど切って、クロスステッチ布に
色見本の順番で数升刺していきました。

この「未使用の糸を少しずつ切ってしまう」っていうことに
多少ならずも抵抗がありました。
心のどこかで
「使わなかった糸は、オークションで売ろうかな」
という魂胆があったのですね…
だって465色もあると、自分の趣味じゃない色もあるし、
同じ色じゃないの!?と思えるような似通った色もあるし、
全色使いきれるはずがない。
でもそんな逃げ道を断ち切り、全色使おうと自分を追い込むために
全色ちょっとずつ切って、未使用糸から使用糸にしてしまいました。

もともと手元にあって並びの参考にした色見本というのが、
冊子のおまけで見開き1ページほどに印刷された紙でして、
印刷の状態もよくないから、色も鮮明ではありません。

それを見つつ、こんな並びでおかしいんじゃないの~と思いながら、
番号順に刺してみると…
壮観でした。きれいです。
中には、なんでこの色がここに?という不思議や、
めちゃくちゃな番号の取り方や、色の名前のバラバラさ加減に苛立ちましたが。

さて。
高ければ自分で作ればいいじゃないと始めたこの作業、
思ってたよりハードです。
番号探して袋から出して切って刺して…となると、
1ブロック刺し終えるのに、1時間半くらいかかります。
単純に考えてその19倍の時間…
買った方がよかったかも、と何度思ったかしれません。

全部刺し終えると、最初に印刷した白い紙を切り抜き、
裏側から、実際の糸を刺した布をテープで貼り付けました。
これは色見本順なので、番号指定された図案を刺す時にも対応できるよう
1から番号順にソートした一覧表も印刷。
こちらには糸番号に19列の番号を併記したので、この番号はどこにある?と
探すときも簡単です。
こうしてできた色見本、番号順の紙をクリアポケットに入れ、
ファイルして、私の色見本帳がようやく完成しました。
100228_145110.jpg

結局、商品が届いた後、収納から色見本帳の作業が終わるまで
1か月程かかってしまいました。
途中この作業に飽きてしまい、「図案を刺したい!」と思っていたのに、
終わった後は真っ白に燃え尽きた状態。
せっかくの糸と見本帳を使うのは、もうしばらく経ってからでした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://birdstitch.blog3.fc2.com/tb.php/26-8c67dc15

プロフィール

ゆみへい

Author:ゆみへい
2008年秋、おっとの転勤で見ず知らずの土地にやってきました。
ひとりでできる趣味を…と始めた刺しゅうに、はまっています。

ことりグッズは、見かけるとどうも「おうちに連れて帰って」と見つめられているような気がして…気がつけば家の中は、ことりなものだらけ。
-------------
2011年3月、被災してから家に帰れない日々。東京に戻って生活再建中。

いらっしゃいませ

とけい

最新コメント

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。