スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

秋のハート

秋は、蔦(ツタ)。アイビーのハートです。
今回は上の方から刺していますが、ハートの形まであと数歩…というところです。
100709_162808.jpg
それにしても、途中まで刺してて気がついたのですが…
「図案がなんだか…夏より大きくない!?」
そう。四季で連作のはずなのですが、ひとつひとつ、大きさが違う!
ということに、3シーズン目でようやく気づきました。

まぁ正確にいえば、四季のハートの図案が紹介されている本の中で、
それぞれの季節のページに共通して鳥の図案があるというだけですし、
元々は1作ずつ額縁に入れた作品なので、連作ではないのかもしれないのだけど…
普通、大きさ揃えない??フランス人ってそのへんアバウトなの??
と、思ってしまいました。
大きさも測らずに見切り発車していた私が言うのもなんなんですが

前にも書きましたが、四季をまとめて1枚に収めようとしているので、
1枚の布を4等分したスペースに、それぞれのハートを刺そうと考えています。
秋のハートが飛び出しすぎて、冬のスペースまで侵入してしまったらどうしよう!?
と思いましたが、それは大丈夫のようでした…ホッ。

ハートが完成すれば、この中にも鳥が入ります。

ところで、鳥といえば。
昨日仕事帰りに、キジを見ました!
キジ鳩じゃないですよ。
桃太郎が連れている、あのキジです。

目の前をテケテケテケ…と歩いて横切っていきました。
70~80センチはあるんじゃないかっていうかなりな大きさですし、
周囲から浮きまくっている極彩色、
そしてなによりも、本当に桃太郎に出てくるまんまの姿にびっくり。
絵本などで見て記憶に刷り込まれているイメージ通り。あれは正しかったです

それにしても、キジが闊歩しているなんて…どんだけ田舎に住んでるんでしょう。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://birdstitch.blog3.fc2.com/tb.php/50-71ffac43

プロフィール

ゆみへい

Author:ゆみへい
2008年秋、おっとの転勤で見ず知らずの土地にやってきました。
ひとりでできる趣味を…と始めた刺しゅうに、はまっています。

ことりグッズは、見かけるとどうも「おうちに連れて帰って」と見つめられているような気がして…気がつけば家の中は、ことりなものだらけ。
-------------
2011年3月、被災してから家に帰れない日々。東京に戻って生活再建中。

いらっしゃいませ

とけい

最新コメント

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。