スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

さいしょのころ

佐藤ちひろさんの本がきっかけで、
「刺しゅうの世界が、なんだかすごいことになっている」
と気づいてからは、書店の刺しゅうのコーナーをチェックするようになりました。
そのころ手に取ったのが、日本ヴォーグ社から発行されている雑誌
「ステッチide'es」。
刺しゅうというよりはイラストのようで、まさに表紙に書かれている
「お絵描き気分でちくちく刺しゅう」という言葉とおりの世界。

この雑誌がきっかけで刺しゅうにはまる人も多いようですが、
私もその一人かもしれません。
刺しゅうって楽しそう…と覗いていたところを、後押しされたような感じです。


同時期に↓この本と出合ったことも、大きく影響されました。
CCF20100315_00001.jpg
「はじめての刺しゅう 動物&生きものミニステッチ380」
(アップルミント発行)

作者こむらたのりこさんの作品は、シンプルな線描画のようなのですが、
デザインもおしゃれで、かわいらしい。
それにモチーフの一つがオカメインコだったということも
まさに私好み、どストライクでした。

それでは早速と、真似して刺してみたものの…
図案をそのまま写したのに、線はシンプルだし、簡単そうなステッチなのに、
なんで?なんで??こむらたさんのようなかわいさが出ません。
どうしてもうまくできなかったのです。

私の刺しゅう熱は急速に高まっていたのに、
早くも行き詰まりを見せ始めたのでした。


ところで。

今回のブログを書くにあたり、ネットでこの本を検索してみたのですが、
今では手に入りにくくなっているようです。
とても素敵な本なだけに、残念。

この本に限らず刺しゅうの本は、もともと発行部数が少ないのか
気になったときに買わないと、後から手に入りにくくなることが多いような気がします。
それでも資金的に限りはあるし、本ばかり増えて実際に刺していないのは
宿題山積みな気分だし、実際は、なかなか即買うってわけにはいかないのですが…

いいなーと思って、でもちょっと考えてからにしようと戻し、しばらくしてから
やっぱり買おう!と決心したときには既になく、ネットでは中古が高値に…
ということが、刺しゅう歴のまだ浅い私でさえ何回か経験しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ



スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://birdstitch.blog3.fc2.com/tb.php/7-124fb904

プロフィール

ゆみへい

Author:ゆみへい
2008年秋、おっとの転勤で見ず知らずの土地にやってきました。
ひとりでできる趣味を…と始めた刺しゅうに、はまっています。

ことりグッズは、見かけるとどうも「おうちに連れて帰って」と見つめられているような気がして…気がつけば家の中は、ことりなものだらけ。
-------------
2011年3月、被災してから家に帰れない日々。東京に戻って生活再建中。

いらっしゃいませ

とけい

最新コメント

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。