スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

3段ファスナーポーチ

手芸店で見かけた
「たたんで返して 3段ファスナーポーチ」
というものがすごく気になってました。

同じような感じの、たたんで返してできるティッシュケースは
ネットで作り方を公開している方がいらしたので、
それを見て作ったことがあったのですが、
簡単で見栄えよく作ることができました。
なので、ファスナーがついて3段もポケットがあるのに
そんなふうに簡単にできたらすごいな~と思って。

手芸店では、材料を買えば作り方が教えてもらえます。
あらかじめ必要な材料とレシピがセット販売されているので、
手芸キットみたいなものです。

で結局、買ってみて、作ってみたところ
P1010167.jpg
こんな感じに出来上がりました。
ポーチの作成手順を途中まで進め、どの面が表にでるかわかった段階で、
せっかくだからと、これに合いそうな柄をクロスステッチで刺しゅう。

刺しゅうの裏面が見えないように刺して、
そのあと袋に閉じて最終仕上げをしました。
まず仕立てありきで作るというのは、私にしては珍しいことでした。

そして今回初めて、抜きキャンバスを使ってみました。
今更!?と思われるかもしれませんが、初めての試みです。
今までクロスステッチは、マス目のはっきりした専用布にしか
刺したことがなかったので、目が数えづらく、難しかったです。

そろそろ慣れてきたし、リネンにも刺してみたい…
なんてことを思っていた時期だっただけに、
こんなことではリネンなんて到底無理かもと思ってしまいました。

遠くから見るとあんまりわかりませんが、近くで見ると
目がぐっちゃぐちゃです。
抜きキャンバスを抜いて表れた悲しい姿を見て、
あんなに大変だったのに…とがっくり

でもここまでやったのだから…と気を取り直し。
セットになっていたのは生地とファスナー3本のみだったので、
ガーリーな感じにかわいらしく、レースもつけて、タグもつけて。
P1010168.jpg
タグはヴーヴクリコ(シャンパン)を頂いたときに
ラッピングで使われていたリボンです。
こういうときに使えるかも…と思うと、
なかなか物が捨てられなくなって困ります。
世の中は断捨離に向かっているというのに。

そんなこんなで、ようやく最後まで完成させました。
やっぱりティッシュケースほど簡単には行かず悪戦苦闘したので、
もう一度作るかというと、うむむ…

でも難しいといっても、たたんで返してという名のとおり、
108cm X 23 cmと細長い生地を切らずにたたんでいるだけです。
敢えて裏地とかつけなくても、
P1010169.jpg
ファスナーを開けて見えるところは全て表生地。
そういうところは気に入ったのですが…

この「全てたたんで作っている」ということが難点にも。

1つ1つのポケットが、生地を中表に折って
「わ」になっているような状態なので、
一番生地が重なるところは8枚分の厚さになってしまい
もたもたっとした重苦しい感じが否めません。

バッグの中身は軽くしたい…という方には不向きでしょうね


スポンサーサイト
.12 2010
刺しゅう comment(0) trackback(0)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://birdstitch.blog3.fc2.com/tb.php/87-33d65902

プロフィール

ゆみへい

Author:ゆみへい
2008年秋、おっとの転勤で見ず知らずの土地にやってきました。
ひとりでできる趣味を…と始めた刺しゅうに、はまっています。

ことりグッズは、見かけるとどうも「おうちに連れて帰って」と見つめられているような気がして…気がつけば家の中は、ことりなものだらけ。
-------------
2011年3月、被災してから家に帰れない日々。東京に戻って生活再建中。

いらっしゃいませ

とけい

最新コメント

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。