スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

手しごと刺繍展

今回も、帰省した際に行ってきたところの話です。

「布文化と浮世絵の美術館 アミューズミュージアム」
で開催中の
「LOVE!Handmade~手しごと刺繍展」

失礼ながらこんな施設があるのを知らなかったですし、
この企画展も以前からチェックしていたわけではなく、
偶然電車内の広告で見て、急きょ行ってみたという次第です。
帰省先である実家にほど近かったので、
どんな展示かもよく調べないまま、思い立ってすぐ行ってました。

場所は浅草。浅草寺のすぐ脇。
外国人観光客向けのような「いかにも和テイスト」の土産物屋が
こちらのミュージアムショップ。
漢字や浮世絵Tシャツとかこの雰囲気に、展示物への不安を感じます。

ミュージアム入口すぐには「浮世絵シアター」なるものがあって、
閑散とした映写室にミラーボール、そして浮世絵についての解説映像が
流れているのが見えました。

一見して観光地にありがちな、残念な感じの博物館、美術館を彷彿とさせて、
1000円もの大金をはたいて入場して大丈夫か!?と悩みましたが、
思い切って入ってみることに。

ところが。これが予想を遥かに超える展示内容でした。
(これより先↓、今日は写真が多いのでちょっと重いかもです)
なにがすごいって、展示品の写真撮影OK、ほとんどが触ってもOK。
中には「着てもOK」というものまで。

そんな状態で、まずは目当ての刺繍展のコーナーに入る前に通る展示室に、
こぎん刺しがあったものだから、ここぞとばかりに写真とりまくりです。
こぎん刺しの作品が店頭で売られているものを見る機会はありますが、
写真がとれることなんてまずありません。
しかもそれが、畳一畳以上もありそうな、こんな大作です。
110120_122419.jpg

刺した糸目がどうなっているのか、どう刺しているのか、
こんな近くで見られて、しかも写真に撮れるなんて。
110120_122448.jpg 110120_122509.jpg
むちゃくちゃ勉強になりました~

他にこんなものも。
110120_121253.jpg
遠目で見ると、こういう柄の生地に見えますが…
110120_121323.jpg
全部手で刺しています。恐ろしい…

さて、今回メインの刺繍展はまだこの先にありました。
【120年前、日本の「ふつうの女の子」が身につけた、
美しい普段着・仕事着  それは明治・大正のリアルクローズ】
ということで、「南部菱刺しタッツケ」というものが紹介されていました。

「タッツケ」とは女性用のモモヒキのことで、
麻地の裏に古手木綿を重ねて、上から菱形の模様を刺しているのが
青森の南部地方に独特の南部菱刺しだということです。

それがこんな感じに、現代的なショップ風な展示でスタートです。
110120_121029.jpg

当時の女性はファッションとして、みんなで競い合って刺していたようなのですが、
その背景には貧困や極寒といった、こうするしかなかったという環境も垣間見えます。

寒さで感覚がなくなりカッチカチになった自分の膝を刺繍台代りに…
なんてくだりを読むと、
こたつに入って刺繍しながら「指がかじかむ」などと言ってる自分が情けないっ。

そんな苦労の末にできたタッツケが、こちら。
110120_120645.jpg

一見ボーダーの布地に見えますが、
一色の布地に紺と白の糸で模様を刺しています。
110120_120701.jpg

その模様がバリエーション豊かで、
110120_121721.jpg 110120_121811.jpg
110120_121435.jpg 110120_121418.jpg
幾何学模様好きにはたまらない。

その上虫眼鏡まで置いてあって、刺し目の細かさを
これでもか~っというほど見られます。
110120_121702.jpg

これまでの間、他のお客さんもおらず、展示スペースには私一人。
周りを気にすることなく、好き放題見ることができました。

展示を見終わった後は屋上にも出られるようになっているのですが、
人気のこちら↓も、きれいに見ることができます。
110120_123215.jpg

それでも結局のところ、こぎん刺しや刺し子などに興味がないと
オススメできないな~とは思いますが、
びっしりとした糸目が間近で見たいという方でしたら、是非。
今年の4月3日まで展示されているそうです。
スポンサーサイト
.31 2011
刺しゅう comment(1) trackback(0)

comment

ゆみへい
鍵コメで、このアミューズミュージアムが、
桑田さんや福山雅治さんの所属事務所、アミューズと
関連があるという情報をいただきました。

えぇ~っ!知らなかった~!
と、びっくり。

芸能事務所のアミューズは知っていましたが、
ミュージアムの方は同じアミューズという名前がついていても
関連性が全く連想できないくらい
おしゃれじゃないというか、垢抜けてないというか…
大丈夫かな、ここ⁉
と感じてしまいました。
2011.02.01 16:56

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://birdstitch.blog3.fc2.com/tb.php/97-3073cf09

プロフィール

ゆみへい

Author:ゆみへい
2008年秋、おっとの転勤で見ず知らずの土地にやってきました。
ひとりでできる趣味を…と始めた刺しゅうに、はまっています。

ことりグッズは、見かけるとどうも「おうちに連れて帰って」と見つめられているような気がして…気がつけば家の中は、ことりなものだらけ。
-------------
2011年3月、被災してから家に帰れない日々。東京に戻って生活再建中。

いらっしゃいませ

とけい

最新コメント

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。